ヨーロッパでビートルズの作品がパブリックドメインとなる

ヨーロッパでビートルズの作品がパブリックドメインとなるヨーロッパでの話になりますが、ビートルズの”Love Me Do”と”P.S. I Love You”がパブリックドメインとなりました。

元記事によると、ヨーロッパではリリース後50年間、著作権が保護されるのですが、先ほどの2曲は共に1962年にリリースされたシングルなので、今年パブリックドメインとなったようです。

これにより、権利を持つEMI(でしょうか?)以外のメーカーでも、例えば初期ビートルズの音源を販売したり、ライブ音源の販売が可能になります。これらはバジェット盤として扱われそうですが、日本でも大きなレコード屋さんでは輸入されるんじゃないかなあと思います。
また、ヨーロッパでも今年中に著作権の期限を延ばす法律が可決される流れなのだそうですが、この法律は遡及して適用されるものでは無いので、少なくともこの2曲に関しては影響は無さそうです。

ただ、これはヨーロッパの話で、他の国では事情が変わると思います。アメリカは保護期間がもっと長いですし、日本だと著作権者が死亡してから50年間は著作権が保護されます。とはいえ、この曲のクレジットは「レノン=マッカートニー」なので、そこら辺に関しては専門家の見解を聞いてみたいなあと思います。

もし、仮にリマスター音源や発掘された音源がDailymotionなどにでも投稿されたら、今後はどのような対応が必要になるのか。21世紀を迎えて、これまでの19世紀から続く音楽著作権の考え方を、大きく改める必要がありそうです。

via VVN Music:Beatles’ “Love Me Do” and “P.S. I Love You” Enter Public Domain in Europe

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする