BBC Sound of 2013 winner-HAIM

BBC Sound of 2013 winner-HAIM日本ではそれほど話題にならないのですが、毎年、イギリスの放送局BBCにて、”Sound of …”という形で、新人アーティストに焦点を当てたコンペティションが開催されています。音楽評論家や音楽産業に関わる人達による投票で決まるようですが、過去の受賞者(アデル、ジェシー・J、エリー・ゴールディングなど)を見てもらうと、この賞の凄さがわかると思います。

そんな中、今年の”Sound of 2013″が先月発表されました。今年の受賞者は、以下のアーティストです。

  • 1st:Haim
  • 2nd:AlunaGeorge
  • 3rd:Angel Haze
  • 4th:Laura Mvula
  • 5th:Chvrches

とはいえ、新人ということもあり、日本ではあまり馴染みのないアーティストがほとんどだと思います。今年のWinnerであるHAIMも、洋楽指向のFM局では結構耳にするのですが、一般のFM局ではそうでもないと思います。

そこで、今年のSound of 2013の上位5名のアーティストに関して、来歴や特徴などをしばらくの間、記事にしていこうと思います。
まずは、先ほども述べたのですが、今年のWinner、HAIMから!

++++

ファーストシングル、”Forever”のPVです。サウンドは別にして、映像はもうちょっと何とかならなかったのでしょうか。正直、観る度に笑えてしまいます。。。

パーソネル

HAIMは、3人のハイム姉妹(エステ、ダニエル、アラナ)とドラマーとしてダッシュ・ハットンで構成されています。担当パートは、エステがベース、ダニエルがリードギター、アラナがボーカルとサイドギターになります。とはいえ、3人でコーラスをとることもあるようです。
彼女たちのサウンドは、フリートウッド・マックと比較されるようですが、「現代のフォークが90年代のR&Bと融合した」サウンドとも言われているそうです。
彼女たち自身は、デスティニー・チャイルドといった90年代のアーティストから影響を受けたと言っています。ただ、彼女たちの音楽を聴いた時に、90年代を代表するディーバのような煌めきは感じられませんでした。

キャリア

BBCが主催するコンペでフィーチャーされたので、最初はUKの出身と思っていたのですが、元々はアメリカ、LAの出身です。

最初は、彼女達単独で活動はしておらず、両親のバンド、”Rockinhaim”の一員でした。このバンドはアメリカで活動していたのですが、割りと評判が良かったようです。また、ダニエルとエステは他のバンドでも活動しており、レコードは出していないものの、こちらのバンドの評判も良かったようです。

そして、2006年、彼女たちは両親のバンドから独立し、自分たちで音楽活動を始めました。HAIMとしてレコードのリリースは行われておりませんが、メンバーの一人ダニエルは、The Strokesのジュリアン・カサブランカスやシーロー・グリーンのコーラスとして参加し、ツアーにも帯同したようです。

その後も、色々なアーティストのサポート・アクトを繰り返し、2012年2月に初めてのシングル、”Forever”をリリースします。このシングルは、メディアや評論家にも好評で、3月にはSXSWに出演。6月にはポリドールとの契約と、目覚ましい活動を続けています。

また、同じく2012年の8月には、2013年のグラミー賞で”Babel”が最優秀アルバムを受賞したマムフォード&サンズとの共演も行なっています。

そして、2013年に遂にデビュー・アルバムがリリース予定です。まだ詳細は全くわかりませんが、このアルバムも非常に大きな注目を集めるでしょう。

HAIM公式サイト
UNIVERSAL MUSIC公式サイト

こちらは、日本語で読めるインタビュー記事です
.fatale-HAIM 新世代ロックアイコン誕生

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする