柴田淳「私は幸せ」を購入!

しばじゅんが好きだ。どれくらい好きかというと、「柴田淳の月と太陽」を毎週聴いて、番組へメールを送っていたくらい好きだ。

きっかけは、CMで流れていた「月光浴」。確かNTTのCMで使われて、いいなと思い、即、CDショップに行って、購入したのを思い出します。で、購入したのが「ため息」で、ホントに毎日聴いてました。
で、その後もアルバムも毎回購入していたのですが、ふと気付くと「ゴーストライター」から購入していませんでした。。。

もちろん、アルバムが発売されたのは知っていたのですが、何故だろうと考えると、歌われる曲の印象が変わってきたからかなと、今は思います。

「ため息」の頃は王道の歌謡曲的な歌い方だったのですが、徐々に曲調も変化していき、もちろん曲の感じが変わるのは当然なのだけど、自分の場合は月光浴のイメージが強かったので、そのイメージが変わるのに適応できなかったのかな。今思えば、もったいないなとも思います。

++++

なのですが、突然、しばじゅん熱が再燃し、『アルバム発売!?買わなきゃ!!』という感じで購入してきました。チョット、発売日から日数が過ぎてしまったのは内緒で。。。

今回のアルバムは10曲入り。あと、ジャケット写真も、大人というか色っぽい?雰囲気を醸し出しています。「オールトの雲」のジャケットと比べると、すごい変わったというか、良い年の取り方をしてるんだなあ、なんて思ったり。

で、曲を聴くまえに、クレジットを確認すると、ご本人がプロデュース!?
昔からそうでしたっけ??

また、アレンジもしばじゅんの曲=坂本昌之さん、と思ってたのが、半分くらいを松浦晃久さんという方が担当しています。Wikipedia情報だと「ふたり」の頃からアレンジしているみたいですが、そんなイメージありませんでした。。。

坂本さんのアレンジは、しばじゅんの声を中心に据えて、最小の楽器で周りを包み込む。
一方、松浦さんのアレンジは、まず楽器で土台を作り、その上にしばじゅんの声を載せる、そんな印象がしました。
個人的には、やっぱり坂本さんのアレンジの方が好きかな。。。

今回のアルバムでは、10曲目の「Present」がインストで、他の曲は歌いりとなっています。また、全体の曲調も、ソリッドというか以前に比べて固くなっているように聞こえました。

これが今のしばじゅんの形なんだろうけど、もっと暖かい音色の曲や、ピアノ弾き語りを聴きたいな、なんて思いました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする